男のEXECUTIVE~SUPER DESTINY BOY 2~

仕事のできない三十路サラリーマンが思ったことを綴っていくブログです。

2020年 半分経過しての振り返り【5.6月の振り返り】

引き続き2020年の出来事を振り返ります。

【5月】

4月から緊急事態宣言と言うものが発令しており、ずっと自粛しながら生活をしていました。在宅勤務にも疲れが出てきておりました。在宅勤務をはじめた当初は「通勤時間が無くなっていい」「家族との時間が取れる」などといった感想があったが、自宅で業務をするうえのでストレスが膨れ上がり、息苦しさともどかしさと感じながら過ごしていました。

 

そんな中でも子供が保育園にも行けず自宅で過ごしているんですが「仕事中は部屋に入ってきたらダメ」っていう言いつけを守り、妻が遊び相手をできたい時でも我慢して一人で遊んでくれているのを見ると子供の成長を感じました。

そんなわけで我慢させてしまった分、業務後は子供と家の中で目一杯遊んであげたり、周辺を散歩をしたりして過ごしました。

 

5月のGW明けには緊急事態宣言も解除されました。

このタイミング逃してなるものかと

下の子供の「お食い初め」と「お宮参り」を超速で済ませました。

お食い初めは近親で自宅で。

お宮参りも最寄りのこじんまりした神社で貸し切りでやりました。

 

神様への挨拶が数か月遅れてしまいましたがなんとか済ませることができて良かったです。0歳児の本人は何もわからないと思いますが、後で自分だけお宮参りをしてないとかなったらかわいそうだし、何よりけじめであり、日本の伝統行事を実施するのは大きな意味があるのである。本人のためにも親自身のためにも、そして写真を楽しみにしてくれているであろうじいばあのためにも。

 

 4月から保育園はしまっており、自宅保育が続いていたが遠足と言う名の園の最寄りの公園に集まって遊ぶという短時間のイベントが開催されました。

 

粋だねぇ。

 

奥さんが可愛いデコ弁当を作って娘に持たせていた。

娘も1カ月以上親族以外と会っていないので久しぶりに会える先生や友達との遠足に小躍りして出かけて行きました。

 

大変な時期だったが、そんな中でも日常に幸せを感じることができた。

全部奥さんのおかげだと思う。ありがたい。

 

【6月】

相変わらず警戒はとかれないけれども、徐々に出社して会社で仕事をしても良い雰囲気になってきた。保育園も登園可能になっていき、外食するようなことも増えたし、外に遊びに行くことも増えた。

写真を見返すと毎週末、大きい公園や植物園、動物園、山や川などに遊びに行っていた。

なるほど、この辺から徐々に日常に戻ってきたのか。

下の子が腰が座ってきて一人でお座りができるようになっていた。

成長って早い。

 

ちなみにこのときに川で取っていたサワガニを3匹飼い始めた。

なかなかかわいい。