男のEXECUTIVE~SUPER DESTINY BOY 2~

仕事のできない三十路サラリーマンが思ったことを綴っていくブログです。

友人代表の記事

先日友人が結婚をしました。

彼は私の結婚式で友人代表のスピーチをしてくれました。

彼の結婚式で私は、ひたすら式を楽しませてもらうだけでしたが、心ばかりの御礼として友人代表のブログ記事を書かせてもらいます。

www.youtube.com

友人代表の記事

f:id:nan-kan:20170624103426j:plain

新郎N君、新婦Nさん、本日はご結婚おめでとうございます。
ご両家ならびにご親族の皆様方にも、心からお祝い申し上げます。
全くご紹介に預かっておりませんが、新郎N君の友人のSUPER DESTINY BOY と申します。
N君との出会いは小学校入学時に遡ります。

苗字が同じで身長も同じくらい、誕生日も近い僕らは自然と意気投合し幼少のころからずっと仲良くしてもらっています。 本日はご参列の皆様方を差し置かないようこっそりと、誠に僭越でもございませんが、友人を代表して 記事を投稿させていただきます。どうぞ皆様、ご着席ください。

 

友人を代表しまして本日は彼がどんな人間なのか簡単に紹介したいと思います。

 

彼は料理に工作、読書に絵描き、模型作りなど非常に趣味の幅が広く

 

誰とでも瞬時に仲良くなれる高いコミュニケーション能力を持ち

 

全国模試で上位に入ったもののみが参加できる学校長との食事会の常連で

 

非常に学業優秀で幅広い知見と柔軟な発想を持ち

 

親、友人、動物への深い愛情を持った

 

非常に常識的な男です。

 

彼は国内外を仕事で飛び回り、忙しく働く身でありながら

 

お祝いごとには手紙を添えてお祝い品を送ってくれるような心配りができる男です。

 

僕の娘に送ってくれた絵本とても気に入ってくれているようです。

 

ありがとう。

 

損得で物事を考えずに時間や労力を費やしてくれる男です。

 

私のプロポーズ用の動画撮影のために東京から弾丸で駆けつけてくれました。

 

ありがとう。

 

そんな最高の男です。

 

そんな彼も一つ欠点があります。

 

それはたまに調子に乗る事です。

 

彼は就職活動を3年間やっています。

 

大手企業ばかりを受けていたのかもしれません。

 

どこか甘くみていたのかもしれません。

 

私が就職活動中の彼の家に遊びに行ったことがありました。

 

折り目の消えたシワシワのスーツを着ていました。

 

外見に出た彼の心の隙を面接官は見逃さなかったのかもしれません。

 

彼は海外旅行中に全財産を使い切り帰れなくなったこともありました。

 

単身海外をバックパック中に肺炎にかかりインドの病院に入院したこともありました。

 

ガンジス川で泳いだからではないかと言われています。

 

大雪の中、原付で県を跨いで雪山を越えようとして近くの見ず知らずの民家に春になるまで原付を置かせてもらったこともありました。

 

そんなアホみたいにぶっとんだ失敗をたくさんしている彼。

 

そんな彼の本当の強みは「リカバリー能力」の高さにあるのではないかと思うのです。

 

彼は就職活動で2年も地獄を見ましたが今は東証一部上場、国内外でシェアを独占する一流企業の第一線で活躍しています。

 

国民のほぼすべての人間が恩恵に預かっている非常に優秀な企業でエースとして活躍しています。

 

彼のくたびれたスーツを見て採用を見送った企業の採用担当は彼の能力に気が付けなかったのでしょう。

 

あるとき彼のバイト先のバーに、ワコールの役員さんが来られたそうです。

 

彼は就職活動中に不採用になっていたのですが「なぜ私が不採用なのか」を問いただしたそうです。

 

不躾な質問をされた役員は多少お茶を濁しながらも採用されるべき優秀な人間だと評価してくれたそうです。

 

インドで肺炎になっても一人で入院してしっかり治すことができる。

 

国外でお金がなくなっても日本人を見つけてお金を借りて帰ってくる。

 

凄まじい逞しさ。

 

凄まじきリカバリー能力の高さ。

 

「死ぬこと以外かすり傷」

 

「生きてるだけで丸儲け」

 

よく彼がいう言葉です。

 

失敗しないように、無難にって生き方こそがスマートで

 

人は成功ばかりを望みがちですが

 

失敗の数だけ、失敗を着実に成長に変えていけるこれが彼の本当の強さなのではないかと思います。

 

これからは結婚生活という新しいステージが始まります。

 

おそらくたくさんの問題が起き、多くの失敗をすると思います。

 

しかし、きっと彼は失敗を成長の糧にして

 

双方において実り多き家庭を築いていってくれると思います。

 

簡単で恐縮ですが、 お二人とご両家のご繁栄を祈念いたしまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。

 

本当におめでとうございました。

 

これからも末永くお幸せに。